新生児のゲップの出し方にはコツがあった!超簡単にできるゲップの出し方

sponsored link

『ミルクや母乳を飲んだあとは、ゲップをさせましょう。』
と言われますが、

・なかなか上手にゲップさせてあげられない!
・ついついはき戻してしまう

という方も多いのではないでしょうか。

私自身、何度やっても上手くいかなくて、
大変苦労した記憶があります(;´д`)

『ゲップの出し方はいろいろあるし、ゲップが出なくても
そんなに頑張らなくてもいいよ!』と、
誰かが言ってくれれば少しは安心できたのですが、
絶対にゲップさせなければならないと思い込んでいました。

しかし、ゲップの出し方を調べてみると、実はそうではなかったのですね。

そこで今回は、ゲップさせることで悩んでいるあなたに、
新生児のゲップの上手な出し方と、超簡単にできるコツをご紹介します!

生まれたばかりの赤ちゃんにゲップを出させてあげるコツの前に、
まずは、なぜゲップをさせるのか、その理由から見ていきましょう!

そもそも、どうしてゲップさせるの?

じつは、生まれたばかりの新生児は、
呼吸しながら、母乳やミルクを一緒に飲んでしまいます。

そのために、ミルクなどと一緒に胃の中に空気が入り、
体内に溜まってしまうのです。

体内に空気がたまってしまうと、気管が詰まったり、
飲んだミルクや母乳を、一気に吐き出してしまう恐れがあります。
いわゆる、はきもどしですね。

体内に溜まった空気を抜いて、それらを防止するために、
げっぷをさせる必要があるのです!

って、理由は分かったけど、実際にやってみると、
新生児に、ゲップをさせるのは難しいですよね。

私もゲップを出すことがなかなかできなくて苦労した経験があるので、
よく分かります^^

それでは、次に上手なゲップのさせ方について、
ご紹介しますね。

上手なゲップのさせ方とは?

上手にゲップを出させてあげる出し方というのがあります。

私もこの方法を知るまでは、なんとなく、
背中をトントンしていただけでしたが、
なかなか、うまくいきませんでした。

じつは、先輩ママさんに教えてもらったコツなんですが、
それからは、比較的、スムーズに良いゲップを出してくれようになったので
もしかしたら、これを読んでいる人にも有効なゲップの出し方になることを祈っています。

と言っても、特別難しいことはありません。

いままでのやり方に、ちょっとしたコツをいれるだけですので、ご安心ください。

そのゲップの出し方のコツとは!

赤ちゃんの背中を、下から上へ溜まった空気を、
押し出させてあげるイメージをしながら、なでてあげる!

sponsored link

この下から上へ押し出すというところがポイントで、
ただ、なでるよりもゲップが出やすくなります。

また、なでるだけでなく、
軽く叩いてあげても構いません。

私の子供の場合は、撫でるだけよりも、
背中を叩いた方が、ゲップが出やすかったですよ^^

しかし、5分ほど行っても体が緊張していると、
ゲップが出ない場合もあります。

そんな時は、ムキになって、
やりすぎる必要はありません^^

私も慣れないうちは、
なかなか上手にできませんでした。

新生児の赤ちゃんは首も据わっていないので、さらに大変です!

そんな時のコツとしては、体をまっすぐにのばして、
軌道をまっすぐにしてあげてください。

そうすると、下から上になでた時に、
ゲップが出やすくなりますよ!

しかし、残念ながら、それでも出にくい時があります(@_@;)

そんな時は、どうすればいいのでしょうか?

ゲップが出ない時はどうすればいいの?

頑張ってもゲップがでないときは、困ってしまいますよね。

5分ほどなでてあげても、
ゲップが出ない場合もあります。

『ゲップをどうしても出さなければ~~!!!』と、
慌てたり、イライラしたりしますよね?

しかし、安心してください!

ゲップがでない場合は、
無理に出させなくても大丈夫です!

焦ったり、イライラにしないで、
赤ちゃんを、横に寝かせてあげましょう^^

そうすることで、自然と空気が出てきます。

無理に出し方を工夫しようと、頑張りすぎると、
お母さんも赤ちゃんも、疲れてしまいますよ!

私も一生懸命ゲップさせたのは、
4ヶ月くらいまででした。

後は、そのままにしていても、
母乳を吐き出すことは、なくなりましたよ!

なので、あまり神経質になりすぎで、

『ゲップを出させないといけない!』

と思う必要はありません。

たまには赤ちゃんに、まかせてみるのもいいでしょう。

ただ、沢山飲むようになれば、
その分、どうしても母乳と一緒に空気を含んでしまうこともあるので、
様子をみながら、背中をなでてあげるといいですね。

すぐに、コツがつかめないからといって、
焦る必要はありませんよ!

お母さんの抱き方によっても違いますし、
力の強さによっても、ゲップの出方は変わります。

色々やってみて、
一番楽に出来る方法を、見つけるのが大切です。

新生児の赤ちゃんに合わせたタイミングと、
その子に合ったゲップの出し方があるので、
少しずつ、工夫して見付けてください。

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA