iphoneのたまった動画をitunesを使わずにmacに転送する方法は?

sponsored link

iphoneのたまった動画をitunesを使わずにmacに転送する方法は?

最近、iphoneが普及してきて写真や動画をいろいろな場面でとりますよね。
そうすると、気が付いたら容量いっぱいまで保存されていて、
新しく動画がとれない!なんてことありませんか?

今回は、iphoneを持っている人がどのように容量を増やせばいいのか
についてまとめました。

これかなり簡単ですので、ぜひともやってみてくださいね。

iphoneカメラで撮った動画が溜まってきて新しく記録できない

旅行に行ったときやレストランに行ったときの料理の写真、
日々の生活で面白い場面に出会ったときに動画をとりますよね?

毎日、毎日動画や写真を撮っていると
アイフォンに徐々に溜まってきてしまいます。

気がついたときには、容量がいっぱいで
「これ、消したくないんだけど」と思いながらも
すでにある動画を泣く泣く削除するということがありませんか?

macを持っている人だったら、かなり簡単にできますので、
参考にiPhoneの容量を定期的にあけておきましょう。

sponsored link

iphoneの動画をitunes使わずに転送するには?

通常、iPhone や iPad に動画や音楽を取り込むにはiTunesを使用して、
登録したライブラリを同期するという形をとります。
しかし私が不便だなと感じたのは、複数台のPCでiTunesを使っている場合、
1台のiPhoneで1台のiTunesライブラリしか同期できないということです。

そのようなことで困らないように、他の方法で何かできないかと探してみました。
調べてみると、いろいろな方法で転送することができます。

iphoneの溜まった動画をmacに転送する方法は?

MacでiPhoneの動画ファイルを取り込む場合には、
私は、「イメージキャプチャ」というMacに標準でインストールされているアプリを使用します。

それでは手順を紹介します。

1.iPhoneとMacをUSBケーブルで接続します。
2.Mac側で「イメージキャプチャ」を起動します。
3.Macに取り込みたい動画を選択して「読み込む」をクリックすればiPhoneの動画を取り込むことができます。

簡単ですよね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

iphoneの溜まった動画をmacに転送する方法は、とても簡単で
「イメージキャプチャ」を利用すれば簡単に動画を転送できます。

定期的に、動画ファイルを移動してiPhoneでいつでも動画撮影をできるようにしておきましょう。

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA