生後1年以内(8ヶ月、10ヶ月、1歳)の赤ちゃんの遊び方&あやし方はこれだ!

sponsored link

赤ちゃんの遊び方やあやし方が知りたい!!
(8ヶ月、10ヶ月、1歳月齢別)

赤ちゃんとの遊びってハマると楽しいけれど、
自分だけ盛り上がってしまうことがありませんか?

どんな遊びが赤ちゃんにとって楽しくて
成長につながるのでしょうか?

今回は、気になる赤ちゃんとの遊び方やあやし方について、
8ヶ月、10ヶ月、1歳の月齢別にご紹介していきますので参考にしてみてください。

8か月ごろの赤ちゃんとの遊び方・あやし方

8か月ごろの赤ちゃんは、ずりばいなどで自分が興味のあるものの方へ
移動できるようになったりします。

さまざまものに興味が出てくるので、
好奇心も旺盛なため、いろいろなものを手で触れてみたりします。

また、笑う、泣くといった感情表現も豊かになってきます。

このころの赤ちゃんとの遊びでおすすめなのは、
ママ(orパパ)とのコミュニケーションをしながら体を動かすことです。

たとえば、赤ちゃんをママの伸ばした足の膝の上にママと向かい合わせで
座らせて、ママと手をつないで、ギッタンバッコンとシーソー遊びの要領で
体を押したり引いたりしてあげます。

もちろん急に引っ張ったり押したりすると赤ちゃんがびっくりしてしまうので、
自分が思うよりもゆっくりとした動きで楽しみましょう。

また、好奇心が旺盛なので鏡も大好きです。

抱っこした赤ちゃんと鏡の前に立って、「何が写っているのかな~」とか、
「あっちには窓が見えるね」などと話しながら鏡を見るのも楽しんでくれます。

10か月ごろの赤ちゃんとの遊び方は?

10か月ごろの赤ちゃんは、つかまり立ちや
伝い歩きができるようになっていることも多く、
目に見えるものをさわることが大好きです。

sponsored link

言葉もある程度理解できるようになってきて、
少しずつですが体を使った表現もするようになってきます。

そのため、このころの赤ちゃんとの遊びでおすすめなのが、
体を使った遊びです。

ハイハイが出来るようになっている赤ちゃんを
ママやパパもおなじように
ハイハイの姿勢で追いかけっこするのも楽しいです。

そのときに、マットの下にクッションをいれて、
ちょっとした山を造ったりすると
より運動能力もアップして楽しめるでしょう。

赤ちゃんも1歳ごろになると
少しずつ歩けるようになっている子もいます。

また、早い子だと少しずつ言葉が出るようになってきます。

ですから大人の真似っこも大好きです。

このころの赤ちゃんとの遊びでおすすめなのが
ママの脚の上にのって歩く練習をする遊び。

ママが足をすこし開いた状態でたったら、
ママの足の甲に赤ちゃんを立たせて
両腕をしっかりと支えてあげます。

この状態で、一歩一歩一緒に進むと歩く練習になります。

赤ちゃんの好きそうなところまで歩くと喜びます。

また、ボールやペットボトルなどを転がして遊ぶのも喜びます。
特に男の子は動くものが本能的に好きです。

ダンボールなどでスロープをつくって、赤ちゃんがいろいろ上から
転がしてみたり、反対にママが転がして
赤ちゃんがキャッチしてみるとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、赤ちゃんとの遊び方について月齢別にご紹介しました。

赤ちゃんが楽しむことができれば、どんどん成長していきますね。
このころの赤ちゃんは、とにかく笑わせることが大切です。

月齢に合わせてさまざまな遊びを体験させてあげたいものですね。

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA